開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Splunk Services Japan 合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/01/18

技術文書

ホワイトペーパー
被害額は約10兆円?「なりすまし」などの不正行為には高度な分析と機械学習で対処せよ
日常生活のデジタル化が進む中、オンラインバンキングやデジタル決済など、新しいオンラインサービスが次々と生み出されている。それに伴い、これらを悪用した「なりすまし」などの不正行為や不正アクセスが巧妙化している状況だ。米国では、医療詐欺で毎年数百億ドルもの被害が発生しており、一部の専門家による推定では、詐欺、不正使用によって発生している損失は年間1千億ドル(約10兆円)近くにも上るという。これらに対し企業は、高度な分析と機械学習を活用して、適切なデータを収集し、アクティビティのパターンから、不正を検出していく必要がある。本書は、医療、金融関連、公共機関での事例や、クレジットカードやビットコインなどの不正行為対策も含めて説明する。
ページ数:15ページ
目次(一部抜粋)
●不正行為リスクの実態
●対策に必要なソリューション
●6段階のセキュリティに関する「データジャーニー」
●不正行為のユースケース
●セキュリティに関するユースケースを解決する方法

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!