開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アステリア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/03/12

技術文書

ホワイトペーパー
カギはデータ活用の高度化にあり!「データ駆動型経営」の最適解を探る
「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉が登場する以前から、企業経営にデータを活かす取り組みは進められていた。しかし、諸外国に比べて情報化やデータ活用の遅れが指摘されるなど、日本企業の競争力低下の要因にもなりつつある。DXという大きな潮流の中、データ駆動型経営の必要性がさらに高まっている。その実現に必要なこととは何か? 以下の資料では、データ駆動型経営の実現を巡る課題と課題解決の方策を考察。また、具体的な解決策として注目されているデータ活用基盤の導入メリットを解説する。
ページ数:5ページ
内容(一部抜粋)
●データ活用に後れを取った日本の現状
●データ活用を巡る課題、なぜ日本のDXを進まないのか
●DX成功のカギを握る「データ利活用」の最適解

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!