開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/03/05

技術文書

ホワイトペーパー
製造業のDX推進は「SAP S/4HANA」の活用がカギ!そのインフラ運用法とは
グローバルで事業展開する製造業では、国内拠点と世界各地の生産・販売拠点の基幹システムの統合が進まず、競争優位性の確保やビジネス成長の足かせとなっている。また、時間帯や言語、商慣習、文化の異なる海外拠点では、ERPなどの基幹システムのインフラ運用保守体制を国内と同等まで整備することは非常に困難だ。グローバルを通じて「日本品質」の安定したシステム運用を実現するためには、運用プロセスの標準化や運用コストの最適化が求められる。以下の資料では、SAPシステムのグローバル運用を効率化する最適解として、クラウドサービスの活用を提案。海外拠点の運用保守体制の整備や品質改善につながる具体的なメリットを紹介する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●DX時代に最適な経営基盤「SAP S/4HANA」導入と活用のポイント
●業務継続性の維持に欠かせないインフラ運用保守、海外拠点の品質向上が課題に
●クラウドサービス活用における基幹インフラのグローバル運用の効率化

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!