開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ハンモック提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/03/03

技術文書

ホワイトペーパー
不正アクセス対策だけじゃない、システム管理者と接続の負荷を軽減する「多要素認証VPN」とは?
新型コロナウイルスの影響により、テレワークの普及が進む中、セキュリティの課題が浮き彫りになってきた。近年では、従業員の自宅から私物PCを用いた社内情報の持ち出しや、VPN利用数増大により生じた脆弱性を突かれ、外部からの攻撃による情報の流出などが発生している。これら情報の流出を防ぐには、VPN接続時に複数の要素を組み合わせた「多要素認証」により、外部から社内への不正アクセスを制御する必要がある。本資料では、多要素認証VPNによる不正アクセス防止だけでなく、システム管理者の負担や、ネットワークトラフィックを軽減するセキュリティ対策について紹介する。
ページ数:23ページ
内容(一部抜粋)
●情報漏洩が企業に与えるダメージ
●多要素認証のVPN
●トータルセキュリティで生産性向上

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!