開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

IFSジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/02/25

技術文書

ホワイトペーパー
防衛産業の今後10年を占う デジタル化で起こり得る「設備保守サービスの5大潮流」
多くの産業で起きているデジタル変革。デジタル化の影響は、航空宇宙・防衛産業にも押し寄せている。生産拠点や顧客基盤がグローバル化し、サプライチェーン、アフターサービス領域が複雑化するなど、さまざまな変化が起きている。中でも、基本的に自ら装備の保守をしない防衛設備に関するインサービス(保守)ではデジタル化が進展し、ビジネスモデルの見直しが急務だと見込まれている。以下の資料では、今まさに防衛産業に起きている変化の兆しを踏まえながら、防衛産業の今後10年で起こり得るとされる「5つの変化の潮流」を解説。市場における自社の競争力を維持する上でも、ぜひ参考にしてもらいたい。
ページ数:8ページ
内容(一部抜粋)
●ビジネスモデル変革が求められている防衛設備インサービス(保守サービス)サポート領域
●グローバル展開に伴う調達モデルの多様化
●陸・海・空におけるドローン活用の可能性とは?
●ライクサイクル管理コストの持続で求められる複眼的思考、など

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!