開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SBI R3 Japan 株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/03/26

導入事例

ホワイトペーパー
トヨタGのDX第一歩は「商取引の電子化」、ブロックチェーンの特性を引き出せた秘訣
トヨタグループのIT機能を担う豊田通商システムズは、ブロックチェーンを活用してグループ全体の電子商取引DX基盤を構築した。電子契約や見積・請求書発行、受発注、精算など基盤上で稼働するサービスの提供を順次進めている。事業効率化や高度化を実現する技術として以前からブロックチェーンの研究を重ねてきたが、その技術特性が商取引のサプライチェーンやトレーサビリティの向上に役立つと考え、グループのDXの第一歩として明確なメリットが見いだせる電子商取引基盤の開発に着手した。以下の資料では、商取引DX基盤の概要やブロックチェーンの採用理由などとともに、「経営層も納得するDX推進」のヒントを提言している。
ページ数:3ページ
目次(一部抜粋)
●トヨタグループが商取引DX基盤とは?
●ブロックチェーンに着目した理由
●経営層に理解されるDX企画のヒント
●今こそ「ブロックチェーン×DX」に取り組むべき理由

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!