開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ラドウェア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/03/22

技術文書

ホワイトペーパー
45%がデータ侵害被害! 「金融事業専用」のセキュリティ対策とはいかなるものか?
昨今では銀行に限らず、多種多様な金融サービスを提供している企業が増えているが、可用性の確保とセキュリティ、ガバナンス対策は最優先の課題だろう。しかし、現在は顧客体験を高めながら、24時間365日サービスを提供し続ける一方で、IoTボットネット、DDoS攻撃、ランサムウェアなどの最新のサイバー攻撃にも対応しなければならない。さらに、PCI DSSやGDPRなどの規制に準拠する必要もある。それでも金融サービス企業の45%はデータ侵害の被害に遭い、50%はマルウェアの被害を受けているのが現実だ。こうした状況に対応するにはどうすればよいのか。本資料で解説する。
ページ数:10ページ
目次(一部抜粋)
●金融サービスでの懸念と課題
●ビジネスを止めない(可用性の確保)
●金融サービスを標的とするDDoS攻撃のタイプ
●データ侵害からの保護
●暗号化されたトラフィックの課題
●クラウドへの移行
●複雑な保護対策を管理するためのリソース/専門知識の不足

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!