開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/02

技術文書

ホワイトペーパー
コンテナ開発者に朗報、「AWS Lambda」の新しい開発方式を試してみた
サーバレスでプログラムを実行可能にする「AWS Lambda」。2014年11月の提供開始以来、多くのワークロードで利用されてきた。「AWS re:Invent 2020」では「Dockerコンテナ形式」をサポートする新機能が発表された。これまで開発者は2種類のデプロイ方法を学習する必要があったが、コンテナを使ったビルド&デプロイが容易になり、Lambda関数のデプロイ最大サイズを10GBまで拡張できるようになった。以下の資料では、コンテナベースの開発に慣れている開発者向けに新機能の基本的な特徴や、コンテナ形式のLambda関数の作成手順を分かりやすく解説する。
ページ数:11ページ
内容(一部抜粋)
●なぜ、コンテナイメージサポートが必要だったか?
●ZIP形式とコンテナ形式との違い
●従来のZIP形式のLambda関数作成方法をおさらい
●実際にコンテナ形式のLambda関数作成方法を試してみよう

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!