開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SCSK株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/14

製品資料

ホワイトペーパー
導入が進む自治体の無線LAN、セキュリティ対策に「認証」基盤が必要な理由
自治体における情報セキュリティは2020年に改定された「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」にて定められている。近年、県庁や市町村の各庁舎でも庁内ネットワークに無線LAN整備が急速に拡大しているが、ポリシーに沿った正しいセキュリティ対策を行って利用することが不可欠だ。本書は、個人情報などの取扱が想定される地方公共団体において、庁内ネットワークに利用される無線LANセキュリティに不可欠な「認証」対策について紹介されている。無線・有線ネットワークの認証やサーバー、クライアント認証、VPN接続認証などの機能が統合されたアプライアンスを用い、アカウント申請、管理などの管理者業務を効率化するユースケースが紹介されている。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●自治体情報セキュリティ対策に求められる認証
●統合認証基盤の4大機能
●効果的なユースケース

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!