開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社網屋提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/12

技術文書

ホワイトペーパー
始業80秒で1万3850回の攻撃、サイバー攻撃者に丸見えのテレワークPCの危険度
コロナ禍の影響でテレワークが大幅に浸透し、今や勤務時間の大半を在宅で過ごす人も少なくない。しかし、サイバー攻撃者にとっては、もともと脆弱であった家庭のPC・インターネット環境こそ、ご馳走の餌場(えさば)といっても過言ではない。以下の資料では、グローバルIPアドレスが割り当てられるUSBモデムとSIM回線をPCに接続し、2日間に発生した攻撃を観測した実証実験の結果をまとめている。2日間でトータル1万3,850回の総当たり攻撃など、脆弱性をつくさまざまな攻撃を受けていることが明らかとなった。テレワークPCが丸裸にならないための具体的な対策を紹介する。
ページ数:11ページ
内容(一部抜粋)
●テレワークが、想像を越えるほど攻撃の餌食になっている
●グローバルIPアドレスをPCに割り当てるとなぜ危険なのか?
●2日間でトータル1万3,850回のログオンチャレンジ
●最も破られすいユーザー名とパスワード
●テレワークPCが丸裸にならないための効果的な対策

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!