開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ビズリーチ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/08

技術文書

ホワイトペーパー
【基礎解説】優秀な人材を見つけ出す「構造化面接法」と「インシデントプロセス面接」
採用活動における課題の1つに「面接官による評価のバラつき」がある。面接の評価は個人の主観による部分が少なくなく、面接官によって評価・判断が分かれるケースもある。この評価のズレによって、優秀な人材を逃したり、期待に反した人材を採用してしまうリスクもある。そこで判断基準の標準化に効果的とされるのが「構造化面接法」だ。さらに、リーダー候補・マネジメント人材の採用に適した「インシデントプロセス面接」を用いることで、採用確度の向上が期待できる。本書は、それぞれの手法について基礎から詳細までをわかりやすく解説する。
ページ数:16ページ
内容(一部抜粋)
●構造化面接法
 -真の能力を図る手法
 -面接の質問例
 -候補者を公平に見極めるためのポイント
●インシデントプロセス面接
 -面接に応用する場合に得られるメリット
 -5つのステップ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!