開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Splunk Services Japan 合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/28

技術文書

ホワイトペーパー
「ゼロトラスト」における7つの重要領域とは? 成功のポイントは運用自動化にあり
総務省のデータによると、日本企業の54.4%が過去1年間で何らかのセキュリティ被害を受けたという。コロナ禍でテレワークが拡大し、端末を社外で利用することが増えた現在、状況はさらに悪化している予想される。こうした深刻な事態に対処するため注目されているのが「ゼロトラスト」のセキュリティ対策である。これは、システムやデータを信用せず、すべてのアクセスに対して都度、検閲をかけるモデルである。ただし、その実現には「SIEM(Security Information and Event Management)」や「EDR(Endpoint Detection and Response)」などの複数の製品を組み合わせる必要があるため、運用が複雑になるという課題が指摘されている。そこで求められるのが、担当者に負荷をかけることなくリスクを監視し、運用を自動化する仕組みだ。
ページ数:6ページ
内容(一部抜粋)
●減少の兆しが見えないセキュリティ侵害のリスク
●気づけない脅威、求められる対策
●なぜ“ゼロトラスト”が必要なのか
●ゼロトラストにおいて重要な7つの領域

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!