開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Splunk Services Japan 合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/05/21

技術文書

ホワイトペーパー
クラウド活用で複雑化、運用管理負荷を抑える「最新のクラウド監視アプローチ」とは?
システムをクラウドへ移行する場合、リフトアンドシフトの一般的な手法だけでなく、より大きなメリットを得るべく、クラウドネイティブな環境構築に取り組む企業が増えている。具体的には、マネージドクラウドサービスを活用したアプリケーションのリファクタリングや、コンテナ、サーバーレス機能といった最新のアーキテクチャを採り入れるといったことだ。しかし、クラウドネイティブを進めると、扱うデータが飛躍的に増大し、管理の複雑化を招く。そのため、従来の監視ツールでは問題の検出や解決に時間がかかるリスクがある。そこで、本書は、クラウド環境、特にAWS上のサービスやアプリケーションを可視化する「最新の監視アプローチ」について説明する。
ページ数:11ページ
内容(一部抜粋)
●多岐にわたるクラウドジャーニー
●従来の監視アプローチでは対応できない理由
●最新の監視アプローチとは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!