開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ディープインスティンクト株式会社・サイバネットシステム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/05/26

技術文書

ホワイトペーパー
マルウェア「358%増」、アンチウイルスやEDRはもはや限界…対策の要は“AI”へ
多くの企業がセキュリティ対策に努めるも、マルウェアやランサムウェアによる被害の深刻度は増す一方だ。ある調査では、2020年のマルウェアによる攻撃は前年比で358%も増加し、その猛威は拡大している。その理由の1つに、マルウェアの進化に既存のセキュリティ対策製品が追い付けていないことが挙げられる。以下の資料では、企業のセキュリティ対策の変遷をたどり、これまで主流だった「アンチウイルス」「IPS/IDS(侵入検知・防御システム)」や、それらの課題解決策として登場した「EDR」だけでは対処できない理由を解説。第3世代目として、最新セキュリティ製品が採用する「AI/ディープラーニング(深層学習)」の優位性を紹介する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●高度化・巧妙化するマルウェアにシグネチャベースでは完璧な防御が困難
●第1世代:「アンチウイルス」「IPS/IDS(侵入検知・防御システム)」の欠点
●第2世代:コストや運用管理の負担がネックとなる「EDR」
●第3世代:AI/ディープラーニング活用がセキュリティ対策を改革できる理由

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!