開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Sansan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/05/19

技術文書

ホワイトペーパー
迫る「電帳法改正」で何が緩和される? 2022年の電帳法改正に向けて今からできる業務改善とは
新型コロナによる影響で、テレワークの推進が急務となっている。これまでオフィスに出社して行うことが当たり前だった業務をテレワークでも処理することができるように見直しをしている企業も多いのではないだろうか。そんな中、念頭に置くべき変化もある。2020年12月には請求書の電子化に関わる電子帳簿保存法(電帳法)改正が閣議決定され、2022年1月から請求書の電子保存要件について大幅な規制緩和がなされる方向性が示された。その他にも、2023年10月には消費税に関するインボイス制度も導入される。このように、今年は請求書の電子化に向けた取り組みを開始するにはうってつけのタイミングになる。本書は、請求書のペーパーレス化を進めるために知っておくべき電帳法改正のポイントとともにその先にあるインボイス制度対応の進め方など、企業が「請求書のペーパーレス化」による業務効率化を実現するポイントがわかりやすくまとめられている。
ページ数:5ページ
内容(一部抜粋)
●2022年の電帳法改正を目前に控える
●請求書のペーパーレス化に必要な電帳法改正のポイント
●ペーパーレス化の進め方

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!