開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Sansan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/05/28

技術文書

ホワイトペーパー
データサイエンス専門家が解説、コロナ禍の生き残りのカギは“勘と経験”のデータ化
コロナ禍で人の動きは止まったが、代わりに膨大なデータがやりとりされるようになった。「そのデータを活用できる企業とできない企業との格差が広がるでしょう」と述べるのは、滋賀大学でデータサイエンス学部の教授を務める河本 薫氏だ。では、企業はどうすればデータに基づいた経営を実現できるのか。本資料では、データサイエンスの観点から、コロナ禍をきっかけにオンラインシフトが急速に進む中で、事業を存続させるために、企業が注力すべきデータ活用について解説する。
ページ数:8ページ
内容(一部抜粋)
●「勘と経験」をデータに
●名刺が「メディア」になる
●コロナ禍は企業文化を変えるチャンス
●「ハイブリッド顧客基盤」とは?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!