開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

インフォマティカ・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/06/18

技術文書

ホワイトペーパー
活用されてないデータ73%? AI主導の「データディスカバリ」4つの特性と5つの手法
近年、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進のため、膨大な量のデータが収集されている。しかし多くの場合、それらのデータはサイロ化した複雑なマルチクラウド環境下のさまざまな場所に分散しており、企業はこれらを把握できず、分析・活用するのが困難な状況だ。IDCの調査によると、データ担当者の業務時間のほとんどが、データの検索と準備や管理に費やされており、アナリティクスの実行に費やせる時間はわずか10%だという。これらデータを管理し、価値を引き出すにはAI主導のデータディスカバリが必要だ。本書は、人工知能(AI)と機械学習(ML)による自動データディスカバリの4つの特性や、ソリューションに欠かせない5つの重要な手法などを説明する。
ページ数:15ページ
内容(一部抜粋)
●AI主導のデータディスカバリとは
●自動データディスカバリを特徴づける4つの特性
●データディスカバリにおける 5つの重要な手法
●さまざまな事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!