開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Slack Japan 株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/06/18

技術文書

ホワイトペーパー
実現すべきは「リモートワーク」ではなく「分散型ワーク」? 両者の違いとは
働き方改革やコロナ禍への対応などから多くの企業がリモートワークの導入を進めていった。しかし、すべての企業がリモートワークによって生産性を上げられたわけではなく、中にはオフィス勤務中心の働き方に戻そうとする動きも散見される。AIベンチャー企業シナモンの代表取締役社長CEO平野 未来氏によると、出社しない働き方には「リモートワーク」と「分散型ワーク」の2種類の考え方があり、大半の企業が取り組んでいるリモートワークには2つの課題があるという。本書は、リモートワークと分散型ワークの違いや、いかにしてリモートワークの課題を克服し、分散型ワークへと移行すべきか、平野氏のインタビューをまとめている。
ページ数:11ページ
内容(一部抜粋)
●リモートワークがうまく機能しない本当の理由
●リモートワークと分散型ワークの違い
●分散型ワークへと移行するには

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!