開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

CyberArk Software 株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/07/14

技術文書

ホワイトペーパー
国内大手3社の大規模情報漏えい事件、「特権アクセス管理」でどう防げた?
企業における情報漏えい事件が多発している。原因の多くは紛失や盗難が占めているが、サイバー攻撃による情報漏えいが増加傾向にある。サイバー攻撃によるもので多く見られるのが、社内システムに侵入した直後、社内システム各所に点在する特権IDを見つけ出し、悪用することで企業の情報資産や機密情報を狙う手口だ。特権ID奪取には複数の手法が存在する。本書は実際に国内大手企業で発生したサイバー攻撃により特権IDが盗まれた3件の情報漏えい事件について解説、および特権アクセス管理による対策を説明する。
ページ数:10ページ
内容(一部抜粋)
●大規模情報漏えい事件はなぜ起きたか
●特権アクセス管理の重要性と対策ソリューション
●どのように被害を抑えることができたか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!