開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社LegalForce提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/25

技術文書

ホワイトペーパー
法務業務もIT化! AIによる「契約業務DX」で契約リスクを制御せよ
ビジネス上の取引とは一般的に「ビジネス合意」から始まり、契約作成、審査などを経て締結に至り、その後も契約管理などを行う流れとなっている。ビジネス合意の段階ではリスク(不確実性)が非常に大きい。そのため、法務部門においては「契約リスク」を制御し、企業の事業価値を守ることが求められる。とはいえ法務人材不足や、コロナ禍による生産性低下など、契約業務にまつわる課題は多い。本書は、AIによる「契約業務DX」によりこれらの課題を解消し、生産性が向上させる方法や、具体的な契約リスク制御方法について説明する。
ページ数:68ページ
内容(一部抜粋)
●あるべきビジネスリスクの管理体制とは
●具体的な契約リスクの制御方法
●契約管理のこれから
●法務業務のIT化の流れ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!