開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

セイコーソリューションズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/23

製品資料

ホワイトペーパー
2024年に終了する「テレホンJJY」、「光テレホンJJY」を利用した時刻同期環境へ簡単に切り替えるには?
情報通信研究機構(NICT)は、日本標準時の決定・維持・供給に関する業務を行っており、その1つとして、アナログ電話回線を使った時刻供給システム「テレホンJJY」を提供している。しかし、「テレホンJJY」は2024年3月末で終了するため、利用している企業は新たな時刻ソースを検討する必要がある。本資料は、NICTが提供する光電話回線を利用した時刻供給システム「光テレホンJJY」を利用した時刻同期に必要な機器や回線、保守などを提供するサービス「セイコータイムマネージドサービス光TJJY」について解説する。このサービスを利用すれば、ユーザーは機器を設置してケーブルをつなぐだけで時刻同期環境を構築できる。現在、アナログ回線の「テレホンJJY」を利用して時刻同期を行っている企業は、ぜひ本資料で「光テレホンJJY」を利用した「セイコータイムマネージドサービス光TJJY」への切り替えを検討してほしい。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●アナログテレホンJJYサービスに代わる時刻ソース
●光テレホンJJYの正確性
●回線契約、設定、保守までをワンストップで提供

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!