開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ヴイエムウェア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/10

技術文書

ホワイトペーパー
最新調査が示す、脅威に晒される日本の実態 サイバー攻撃にCISOはどう対処した?
多くの企業・組織がテレワークなどで分散型の業務環境を構築した一方で、その脆弱性を突くサイバー攻撃も急増している。実際、国内企業・組織のセキュリティ運用部門を担う責任者(CIO、CTO、CISO)251人を対象にした調査では「回答者の76%が攻撃の発見数が1年間で増加し、その内の86%がテレワークの増加がその原因」と回答。さらに、回答者の87%が攻撃の高度化による重大な侵害が発生すると懸念する。以下の資料では、そうした日本におけるセキュリティ脅威の最新状況やセキュリティ戦略への取り組みをまとめたものだ。侵害の主要3大原因やテレワーク下での対策例、クラウドベースの戦略推進の背景など、日本の実態を詳細に明らかにしている。
ページ数:31ページ
内容(一部抜粋)
●侵害の主な原因は「ランサムウェア」「プロセスの弱点」「サードパーティ製アプリケーション」
●CISOが迫られる、従来のセキュリティアプローチの再検討
●テレワークへの移行に関する課題と、そこで取った解決策とは?
●回答者の99%が、クラウドファーストのセキュリティ戦略に移行・移行を計画である理由

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!