開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社レコモット提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/27

セミナー資料

ホワイトペーパー
ゼロトラストモデルは2つある? 米国標準技術研究所(NIST)が提唱する7つの要件とは
セキュリティにおいて、従来の「境界型防御」に限界が訪れている。VPNの脆弱性を標的とした攻撃が増えたことや、コロナ渦でテレワークが加速し、社内外ネットワークの境界線が曖昧になってきたことやSaaS利用の増加が背景にある。そこで注目を集めるのが、「信頼しない」という考え方に基づくセキュリティ対策「ゼロトラストセキュリティ」だ。だが、ゼロトラストモデルは2つ存在するという。本資料は、その2つの内、より本質的で重要とされる、NIST(米国標準技術研究所)が提唱するゼロトラストアークティクチャの7つの要件、そして4つの脅威への対策について説明する。
ページ数:34ページ
内容(一部抜粋)
●境界型防御モデルの限界
●ゼロトラストモデルは2つある?
●NISTの提唱するゼロトラストアークティクチャ
●4つの脅威とその対策
●ゼロトラストの7要件を満たすためには

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!