開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ネットワークバリューコンポネンツ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/27

技術文書

ホワイトペーパー
【調査報告】アカウント乗っ取りやスクレイピングなど、悪性ボットの手口を分析する
サイバー脅威の悪質化が続く中、悪性ボットは増加の一途を辿っている。ある調査によると、2019年の全トラフィックのうち、悪性ボットの割合は過去最高の24.1%を占めるとの結果だった。悪性ボットは、正当なユーザーと同じ方法でアプリケーションと通信するため、検出が困難との特徴があり、また、その手法はアカウント乗っ取りやクレジットカード詐欺など多彩で、多くの業界が多大な被害を受けている。本書は、2019年に悪性ボットがもたらした被害についての調査結果や、悪性ボットの具体的な特長や動向、被害を受けた国や業界、企業が取るべき予防措置などについてまとめている。
ページ数:28ページ
内容(一部抜粋)
●2019年の悪性ボットの動向
●悪性ボットがもたらす被害
●業界別被害状況
●実行すべき予防措置

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!