開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

クラウディアン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/27

技術文書

ホワイトペーパー
【10分で理解】ハイブリッドクラウド環境に最適な「オブジェクトストレージ」の選び方
データセンターなどのオンプレミス環境とクラウドサービスを連携した「ハイブリッドクラウド」環境を目指す企業が増えている。その一方で、複雑化するシステム構成や散在するデータの統合的な運用管理が課題になっている。そうした課題の解決策としてお勧めなのが「オブジェクトストレージ」だ。たとえば、社内で抱える膨大な量の非構造化データ、IoTなどの各種センサー情報の収集・管理、移動先や自宅からのリモートアクセスなど、多様化するニーズにも柔軟に対応できる。以下の資料では、ハイブリッドクラウドに適したオブジェクトストレージの特長や、ハイブリッドならではのデータ活用方法などを導入企業の声を踏まえて分かりやすく解説する。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●オブジェクトストレージって、どんなところに使えるの?
●世界中で高く評価される日本品質と日本流サポートとは? など

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!