開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社エフアンドエム提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/03

技術文書

ホワイトペーパー
3分でわかる2021年度の年末調整2つの変更点、国税庁の無料ソフトは使った方がいい?
人事・労務担当者にとって、年末調整は頭の痛い作業だろう。特に2020年度は、給与所得控除や基礎控除の見直しにともなって申告書の様式が変わり、苦労した担当者が多いはずだ。さらに2021年度も「申告書電子化のための要件緩和」などの大きな変更点が2つあるので、今からしっかり準備して電子化に備えたい。ただし、国税庁が提供する無料ソフトでは「物足りない」「負担が大きい」という声があるも事実だ。そこで本資料では、2021年度の年末調整における2つの変更点と効率的な電子化のポイントについてわかりやすく解説する。
ページ数:13ページ
内容(一部抜粋)
●2020年度の年末調整ふりかえり
●2021年度2つの変更点とは
●年末調整業務を効率化

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!