開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

クラウドストライク株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/01

技術文書

ホワイトペーパー
コロナ禍でサイバー攻撃の潮流はどう変わった? 最新の脅威レポートに見るトレンド
2020年は新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のパンデミックによってビジネス環境は大きく変わった。これにより、感染症への恐怖心・好奇心をついたサイバー攻撃が登場するなど、サイバー脅威の潮流も変化している。本資料は、サイバー上の脅威に関する2021年版のグローバル脅威レポートだ。2020年における脅威ハンティングの概況や、COVID-19に便乗した医療業界を標的にしたサイバー攻撃やサプライチェーンリスク、ランサムウェアなどデータを人質に取る攻撃手法、サイバー犯罪におけるエコシステムなどを解説する。
ページ数:53ページ
内容(一部抜粋)
●脅威ハンティングの概況
●2020年のトレンド
●サイバー犯罪のエコシステム

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!