開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ダークトレース・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/11/05

技術文書

ホワイトペーパー
新種の攻撃や内部犯による脅威検知に効果的な「自己学習型AI」のアプローチとは
従来のサイバー防御のアプローチは、ルールやポリシー、過去の攻撃データなどに依存しているため、未知の脅威や、複数のシステムに渡って潜伏し、あるいは正当な認証情報を使って防御をすり抜ける攻撃者の検知に課題があった。本資料は自己学習型AIを駆使し、組織内のあらゆるユーザーとデバイスの通常の生活パターンを学習することにより、新たな攻撃や内部関係者による脅威を漏れなく自動検知するソリューションを紹介。モバイルやクラウド、IoTなどによりますます分散するワークフォース全体をどのように可視化し、どう脅威から保護するか、具体的なユースケースを解説する。
ページ数:6ページ
内容(一部抜粋)
●従来のサイバー脅威検知アプローチの限界
●組織の正常状態をAIが学習
●ソリューションの適用範囲とユースケース

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!