開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

サイバーリーズン・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/11/11

導入事例

ホワイトペーパー
JINS事例:未知のマルウェアへの対策、高度なアラート解析を利用するには
アイウェアブランド「JINS」を展開し、高品質・低価格のメガネを世に送り出し続けるジンズでは、顧客情報や製品開発情報など、外部に決して漏らしてはならない貴重な情報を多く取り扱っている。だが同社は、2013年と2017年の二度にわたり、外部に公開していたECサイトの脆弱性を狙われ、サイバー攻撃を受けていた。そのため、Webサイトやネットワーク周りのセキュリティ対策強化を急ピッチで進めてきたが、未知のマルウェアを用いた脅威への対応には課題を感じていたという。そこで同社は、PCなどエンドポイント端末上で、マルウェア侵入後の怪しい挙動を検知するEDRの検討を始めた。さまざまなEDR製品が並ぶ中、どのような機能を求めたのか? その詳細な経緯を紹介する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●攻撃を受けセキュリティの脆弱性が表面化
●未知のマルウェアへの対策をどうしたか
●EDR導入の決め手になったのは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!