開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/11/24

製品資料

ホワイトペーパー
オンプレでもクラウドの柔軟さは実現可能か? DX時代のシステム調達のポイント
デジタルトランスフォーメーション(DX)を加速すべく、多くの企業がITインフラをパブリッククラウドへと移行している。そのメリットの1つが柔軟性だ。必要な分だけ必要なITリソースが利用できるため、ITコストも最適化できる。とはいえ、トータルコストやガバナンスなどの観点から、どうしてもオンプレミスで稼働させたいシステムも存在する。そのため、設備費用などの初期投資が必要となり、キャッシュフローがアンバランスになってしまう。本資料は、機器を「所有」するのではなく、クラウドのように「利用」することで、企業の成長に合わせたITリソースを確保し、ITコストを平準化するポイントを紹介する。
ページ数:3ページ
内容(一部抜粋)
●システム調達の新しいカタチとは
●キャッシュフローを改善
●オーバープロビジョニングのリスクを排除

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!