開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Splunk Services Japan合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/11/18

技術文書

ホワイトペーパー
IT環境の監視を強化する「オブザーバビリティ」、実現に向けた3つの柱とは?
ビジネスのデジタル化が進む中、IT担当者が監視し把握しなければならないデータの量は増加の一途をたどっている。また、監視対象の複雑化や変化のスピードも増す一方だ。監視対象のシステム要素を確実に保護するには、最も適切なツールと戦術を使用する必要がある。そこで注目されているのが「オブザーバビリティ」という概念だ。変化を先取りし、ビジネスを成功に導く鍵を握るオブザーバビリティをどう実装すべきか。以下の資料では、その柱となる3つの観点と事例を踏まえて解説する。
ページ数:12ページ
内容(一部抜粋)
●IT組織が直面する最大の課題、データドリブンを阻むシステムの3つの壁
●オブザーバビリティを実現する3つの柱
●オブザーバビリティ事例:Quantum Metric

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!