開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/11/30

技術文書

ホワイトペーパー
コンテナ開発や CI/CD を実践、「クラウドネイティブ」移行への 3 つのガイドライン
近年、アプリケーションの複雑化が進んだことで、開発者の生産性やデプロイメントの速度低下など、さまざまな課題が浮かび上がってきた。そのため、開発速度の向上、信頼性の高いリリース、より高レベルの安定性と可用性などを求め、多くの企業がクラウド ネイティブに対応できる環境の構築に取り組んでいる。ただし、それを実現するにはソフトウェア デリバリーのライフサイクル全体の再考が必要となる。そこで本書は、「move-and-improve(移行して改良)」という手法を用いて、クラウドネイティブのアーキテクチャへの移行するための 3 つのガイドラインや、近年の開発で注目される Kubernetes や CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)をどのように実践すべきかなどを解説する。
ページ数:23ページ
内容(一部抜粋)
●クラウドネイティブのメリット
●移行する上での 3 つの重要なガイドライン
●重要な原則と実践方法

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!