開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本オラクル株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/06/16

導入事例

ホワイトペーパー
岡山県事例:7時間かかるバッチ処理が約半分に? 基幹系基盤に選んだデータベースとは
岡山県では、2011年に基幹系システムのプラットフォームを大型汎用機からUNIXサーバーとデータベース基盤に移行した。しかし、CPUの負荷率が常時70%ほどにも達するパフォーマンスの問題があり、また、年次の大量バッチ処理が行われた場合、既定時間内に終わらず業務に影響を及ぼしていた。これらの課題を解決すべく2016年に基幹系データベースを刷新。その後はトラブルもなく安定稼働を続け、6~7時間ほどかかっていた年次の大量バッチ処理が3分の2から半分程度にまで短縮したという。本書は、同県のこれまでの基幹系システム刷新の経緯、取り組みを紹介する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●安定稼働と処理性能向上が課題
●基幹系データベース基盤の選定
●導入後の効果

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!