開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Sansan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2011/09/27

既存資産を有効活用する営業戦略 ~売上アップを約束する「名刺」の活かし方~

三三株式会社 日比谷 尚武氏インタビュー

厳しい経済状況が続く中、多くの企業は新規投資を抑え、足下を固めることに集中しているように見える。しかし、そうした状況下でも、売上増や受注増を実現している企業は存在する。ここでは、その売上増に成功した企業が活用しているサービスを紹介しよう。ほとんどの企業が保有する“ある既存資産”を、新しい視点で活用するこのサービスは、営業活動に大きな変革をもたらすはずだ。

「売上20%増」を実現した
既存資産を活かすクラウドサービス

 「前年比売上が20%増」「売上が4000万円アップ」「取引額が10%以上増加」……。いずれも、あるクラウドサービスを導入した企業の実データである。サービス開始はわずか4年前。しかし、すでに500社を超える企業が導入し、その多くが売上アップに成功している。この不況下に、導入企業がなぜこのような実績を出すことができたのだろうか。

 その注目のサービス「リンクナレッジ」を展開する三三株式会社 Link Knowledge事業部 マーケティング部長兼広報室長 日比谷 尚武氏は、サービスのキーワードは「既存資産をどう活かすか」にあると語る。

photo
三三株式会社
Link Knowledge事業部
マーケティング部長 兼 広報室長
日比谷 尚武 氏
「現在の日本の経済状況は、決して明るいとは言えません。企業が継続的な成長を目指すなら、営業活動の伸長は欠かせませんが、こうした状況下では、莫大な投資をして営業活動を拡大するのは難しいでしょう。しかし、静観して手をこまねいているだけではジリ貧です。では、大きなコストをかけずに営業活動を拡大/効率化するにはどうすればよいのか。そこで、『既存資産を活かす』という考え方が重要となります」

 企業が大きなコストをかけられない今だからこそ、既存資産を活用して利益を拡大することがより有効な手段になると日比谷氏は語る。しかし、営業活動の拡大に寄与する既存資産とは、一体何だろうか。

「それはあらゆる企業、ほとんどの営業マンが持っている『名刺』です。我々のサービスは名刺のデータを活用して、企業の収益を最大化するのです」

この記事の続き>>  既存資産である名刺を活かして
             売上アップを実現できるサービスとは?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!