開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アバイア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2014/06/09

未来ではなく今実現可能なネットワーク仮想化、それがSPBのAvaya Fabric Connect

SPBによるネットワーク仮想化は、具体的にどのような仕組みで実現されているのだろうか。去る5月21日に開催された「Avaya Fabric Connect導入事例セミナー」に、日本アバイア Avaya networking ネットワーク・セールスエンジニア 尾山 暁氏が登壇、SPBベースのAvaya Fabric Connectの中で起こっているネットワークフローを技術的な視点から図解を用いてわかりやすく解説した。

3つのネットワーク、3つの課題

photo
日本アバイア
アバイア・ネットワーキング
ネットワーク・セールス・エンジニア
尾山 暁氏
 Avaya Fabric Connectは、どのような仕組みでネットワーク仮想化を実現しているのか? 日本アバイア Avaya networking ネットワーク・セールスエンジニア 尾山 暁氏は、これをテクノロジーの観点から解説するべく登壇した。

 同氏はまず、企業ネットワークとして日常的に用いられるL2ネットワーク、L3 VPN、IPマルチキャスト・ネットワークが抱えている課題を解説した。

 L2ネットワークに関しては、いまだにループ障害が頻発しているという。またVLANに関しては、上限値は4095個だが、最近はデータセンターなどでこの値を超えるようなネットワークが出現しており、このネットワークではコアスイッチが端末のMACアドレスを学習する必要があるため、リソースを多大に消費する。

 続いてL3 VPNでは、これが実態としてMPLS(Multi-Protocol Label Switching)で構成されているため、プロトコルが非常に複雑な行き来をするため、そのCPUリソースに耐える高価なネットワーク機器が不可避となっている。また、このネットワークは基本的にBGP(Border Gateway Protocol)を使ってフルメッシュ構成を取るため、さらにプロトコル送受信が煩雑になってしまう。

 一方、IPマルチキャスト・ネットワーク分野は、4K、8Kといった高画質IPカメラ出荷が視野に入ってきた。もし8Kカメラからユニキャストで3ヶ所に送信するとなったとき、カメラの直近ネットワークにはどれだけの帯域が必要か。ずいぶん前からIPマルチキャストの安定的な稼動が求められているのに、未だに実現できていない。尾山氏は語る。

「これはそもそも、ネットワークを7つの層に分けて使っているために起こっている問題です。以前はそれぞれの階層に複数のプロトコルが混在ししていて階層化にも意味がありました。しかし、今やL2はEthernetに、L3はIPに集約されつつあります。もはやこのモデルはメリットよりもデメリットの方が大きいのです。こうした現状のネットワーク・モデルの根本的問題を解決するために生まれてきたのがSPBであり、Avaya Fabric Connectです。」

この記事の続き >>
・Avaya Fabric Connectがネットワークの課題を解決できる理由
・Avaya Fabric Connect内でどんなネットワークフローが生じているか
・現時点のSDNは山積する課題を今すぐに実現可能か?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!