開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社 HPソフトウェア事業統括提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2014/07/14

経営スピードを要する今、再び注目を集めるアジャイル 成功のカギは“シフトレフト”

再び「アジャイル開発」の気運が高まっている。企業を取り巻くビジネス環境の変化のスピードはどんどん速くなっており、もはやウォーターフォール開発一本やりでは即応できなくなってきたからだ。高い品質のアプリケーションをいかに速くリリースするか。成功のカギは“シフトレフト”、つまり”前倒し”を推進することにある。

再び関心が高まるアジャイル開発

 最近、日本企業の間で再びアジャイル開発が注目を集め始めているという。「これは私の感触ではありますが」と、日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP) HPソフトウェア事業統括 プリセールス統括本部 ALMプリセールス部 藤井 智弘氏は現状を語る。

photo
日本ヒューレット・パッカード
HPソフトウェア事業統括
プリセールス統括本部
ALMプリセールス部
藤井 智弘氏
「企業の情報システム部門を訪問してアジャイル開発を説明しても、相手が頭ごなしに否定したり、すぐに会話のトーンが下がるということがなくなりました。『なぜアジャイル開発なのか?』というWhyから、『どうすれば実現できるか?』というHowへ、関心が移っているようです。企業によっては、『アジャイル開発関連のソリューションはないか?』と、先方から口火を切り始める場面もあります」

 これはやはり、日本企業を取り巻くビジネス環境の変化によるところが大きいと思われる。変化のスピードがどんどん速くなっており、それに合わせてシステムもタイムリーにキャッチアップしていかなければ、競争優位を維持できなくなっているのである。

 実際、アジャイル開発を採用する企業も増えている。東京海上グループが基幹系システムにアジャイル開発を採用し、三菱東京UFJ銀行も、2014年5月、アジャイル開発とウォーターフォール型開発を組み合わせたエンタープライズアジャイルを導入すると発表した。

日本企業のアジャイル開発を全力サポート

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!