開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

PTCジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 2014/09/02

「一時的には売上を落とす覚悟も」製造業が直面するビジネスモデル変革のとき

世界は今、大きなパラダイムシフトを迎えている。製造業が戦略的なビジネスモデルの変革を求められている今、経営層は何をすればよいのか、また、企業はどう変わればよいのか。製造業向けに、製品の開発、サービス、運用の変革を促進するテクノロジー ソリューションを提供するPTCのSLMセグメント ディビジョナル ゼネラル マネージャのリー・スミス氏が説く。


 PTCジャパンでは、製造業においてサービス ライフサイクル管理(SLM)に関心のある役員、経営者層の方々を対象にエグゼクティブ セミナー「PTC Live Executive Exchange~戦略的サービス事業への変革がもたらすグローバル競争優位性の獲得~」を開催した。セミナーでは、サービスを戦略的に捉えることにより、いかにして利益を生み出すサービス事業へと変革し競争優位性を獲得できるか、サービス収益性と顧客価値の向上について着目しながら国内および海外の先進的なお客様の取り組みを交え紹介した。この記事では、当日のセミナーの概要をレポートする。

戦略的サービス事業への変革

photo
PTC
SLMセグメント
ディビジョナル ゼネラル マネージャ
リー・スミス氏
 外部環境における市場の変化が激しい現代、製造業が戦略的なサービス事業へ変革することの重要性について解説したのは、PTC SLMセグメント ディビジョナル ゼネラル マネージャのリー・スミス氏。「世界は今、大きなパラダイムシフトを向かえています。製造業ではビジネスモデルの変革が必要で、サービスによる収益性の向上が求められています」と言う。

 近年では、製造業はサービスから利益を得ることにますます注力し始めている。一回限りの販売から得られる利益よりも、製品を長期に渡って利用することを通して得られるサービス利益が重要視されるようになったためだ。また、他社との競争を有利に進めるため、そもそもの販売対象を製品ではなくサービスそのものにシフトする動きも見られる。そして、こうした変化を支える業務プロセスやITの仕組みが求められるようになってきた。しかし現実には、多くの企業がサービスの提供コストの増加などにより、サービス事業を成長させる課程で「一時的に利益が減少する」という課題を抱えている。

 こうした課題を解決しサービス事業を継続的に成長させるには、経営層自ら企業カルチャーを刷新させる必要がある。そしてサービス事業のための業務改革をうまく管理し、その上でビジネスニーズの変化にも柔軟に対応できるITインフラを、グローバルに利用できるべく準備することがカギとなる。

photo
 今後のPTC SLMの開発方向性は、モノのインターネット(IoT)を考慮して顧客先で使用している製品の稼働状況を把握し、サービスをより迅速に、事前に、効率的に提供可能にすることだ。これにより「現場で起きていることをリアルタイムに把握し、素早い対応が可能となる」とスミス氏は言う。製品がつながることで、修理に必要なパーツを自動で引き当てることが可能になり、初回対応が可能になる等、フィールド サービス管理の現場にメリットがもたらされる。

 また製品がつながることで、サービス パーツ在庫の需要予測をより正確に行えるようになり、在庫レベルが最適化され、お客様に対し予防的な保守作業を提案できるようになる。製品情報や品質情報を設計にフィードバックし改善するサイクルもできる。つながることのメリットをPTCはSLMだけでなくすべての製品ライフサイクルのプロセスに適用する。

「サービス事業においても競争が激しくなってきている中で、変革にはリスクもあればチャンスもある。PTCでは製造業の方々が変革に追随できるようサポートします」(スミス氏)

画像
クローズドループの製品とサービスの優位性

経歴:
PTCのサービス ライフサイクル管理(SLM)セグメントの責任者として、市場分析、ソリューション定義、ソリューション マーケティング、戦略的事業開発、顧客開拓等の全活動を含むSLMマーケット セグメントを統括。2012年10月のPTCによるサービジスティクス社買収により、PTCに入社。PTC入社以前は、サービジスティクス社の最高執行責任者(COO)として、営業、クライアント サービス、およびSLM製品をグローバルで統括。


>次ページ 【インガーソル・ランド事例】成果に基づく『製造業のサービス化』を実現

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!