開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ミロク情報サービス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2014/12/22

予算編成業務を効率化! 終わらないExcelとの戦いからの脱却する方法とは?

期末が迫るにつれて、多くの企業の経営者や管理職、そして現場の営業にとって気になるのが、来年度の「予算」ではないだろうか。売上や利益の目標をどう設定し、それをどう達成するのかという問題は、企業規模の大小を問わず、関心のあるテーマだろう。また、その「予算策定」の際に、多くの企業で難航を極めるのが予算編成の業務である。経営幹部によって設定された組織の業績目標や業績指標(KPI)、またそれらを決定するための各部門との煩雑なやりとりと調整……。その内容や手続きはさまざまだが、おそらく1つだけ共通していることがある。Excelを利用しているケースが多いということだ。おそらく、多くの利用者にとって、Excelが最適解だとは考えていないはず。それでもExcelを使う理由とは何なのか?また、Excelから脱却する方法とは。

予算編成ではじまるExcelとの戦い

photo
予算策定や予算編成は多くのビジネスパーソンの悩みの種だ
 暦年決算の企業であれば、今まさに真っ直中、3月決算の企業であれば、そろそろ考えなければならないのが「予算作成」だ。ただ、一言で「予算作成」といっても、その業務は大きく「予算策定」と「予算編成」に分かれる。

 「予算策定」は予算案を作成する業務だ。当期の予算実績対比を作成し、部門別・科目別などに展開したあと、中期経営計画などと照らし合わせて予算案を立案する。その後、担当役員に承認をとって予算案を策定する。「予算編成」は、策定した予算案を各部門に配布し、確認・修正を行い、数字を確定して会計システムに入力するまでの業務だ。

画像
予算編成のプロセス
 規模の大きい企業であれば、経営管理部門が担当するだろうが、中小企業の場合、経理部門が担当するケースも多いだろう。そこで活躍するのがExcelだ。特に、策定した予算案を各部門に配布し、確認・修正を行うプロセスでは、各部門と経理部門の間を、Excelファイルが何度も飛び交うことになる。

 確かに予算編成は会社によって方法が異なるため、Excelに頼らざるをえない現実がある。しかし、Excelは自由度が高すぎるため、配布したワークシートに行や列を勝手に追加されたり、数式を上書きされることも少なくない。場合によっては、Excelシートを確認しながら電卓で検算するといった状況も起こりえる。

 また、Excelは版管理(バージョン管理)がしづらく、部門ごとに修正を加えていたら、いったいどれが最新のファイルなのかわからなくなることもある。予算編成とは、Excelファイルとの格闘といってよい状況なのだ。

 もちろん、予算編成を支援する専用ツールは少なからずあるが、この手のツールは一般に非常に高価なのも大きな問題だ。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!