開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

エス・アンド・アイ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/04/18

グランドデザイン次第! 柔軟かつ負担を抑えた仮想環境

仮想化による物理サーバーの統合は、コスト削減、耐障害性の向上、ビジネスの柔軟性といったメリットが得やすく、ここ数年で一気に導入が進んだ。しかしその反面、見えてきた仮想化の課題もある。こうした中、国内屈指の老舗インテグレーターであるエス・アンド・アイが「しっかりとしたデザインを行うことで、企業が抱える運用負担や人的課題を解決し、我々インテグレーターへの依存度も下げることが可能」と語る。そのシステムソリューションとはどのようなものか?

仮想化が一気に進んだ反面、新たに見えてきた企業システムの課題

 サーバーの仮想化・クラウド化はもはや珍しい事例ではない。コスト削減や耐障害性の向上、ビジネスの柔軟性とスピードアップといったメリットを考え、既に導入している企業や導入検討している企業も多いだろう。しかし、仮想化が進んだ現在だからこそ、見えてきた課題もある。

 まずシステム面では、インフラを拡張する際に、ブレードサーバーのシャーシが増えるにつれて、シャーシごとに必要な専用管理モジュールを追加購入しなければならないということだ。またサーバー関連だけでなく、インターフェイス周りの上限から、本来は必要がないと思われるネットワーク(LAN)やSNAのスイッチなども併せて追加する必要があり、結果的にコストがかさむという課題も挙げられる。

 来年で創立30年をむかえる老舗インテグレーターのエス・アンド・アイ 営業本部 第一事業部事業部長 長谷川 道明氏は、次のように指摘する。

photo
エス・アンド・アイ
営業本部 第一事業部 事業部長
長谷川 道明氏

「最近では、SANスイッチのポート単価を重視するお客様も多いです。シャーシが多くなるとファイバーケーブル類も煩雑になります。サーバーだけでなく、ネットワークの足回りも含めて、いかにシステムを集約化し、シンプルにしてコストを抑えるかという課題も抱えています」(長谷川氏)

 もちろんシステム拡張時には、ファームウェアのアップデートも必要だ。ファームウェアが更新できない場合には、メーカーに例外サポートを承認してもらわなければならず、意外と手間もかかる。将来を見越した拡張性の高いハードウェアの選定と、サービス基盤として安定稼働が可能な仮想環境の構築が欠かせないものになっている。

 また同社の営業本部 ソリューション第三事業部 アシスタントマネージャー 安斉 和裕氏は、運用時の新たな課題についても説明する。

photo
エス・アンド・アイ
営業本部 ソリューション第三事業部 アシスタントマネージャー
安斉 和裕氏

「ここ数年で仮想化が一気に進んだ反面、運用時の課題がクローズアップされてきました。リソースを提供する物理サーバー側のスペックが向上し、1つのサーバーに搭載される仮想サーバーの数も多くなりましたが、逆にシステム単体が複雑になり、運用管理面の難易度がとても上がっているのです。そこで、私たちは運用管理負担を軽減するためのお客様支援に力をいれています」(安斉氏)

「柔軟で、負担を軽減できる」仮想化基盤ソリューションとは?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!