開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本リミニストリート株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/09/12

デジタルビジネスへの対応、企業はIT予算をどう割り振るべきか

ビジネスのデジタル化、米ガートナーの言葉を借りれば「デジタルビジネス」への取り組みは、レベルの違いこそあれ、すべての企業が取り組むべきテーマだ。しかし、多くのIT部門は必要な予算を確保できず、最初の一歩すら踏み出せていないのが現実ではないだろうか。こうした企業は、デジタルビジネスへの転換をどう進めていけばよいのか。

photo

いまこそ企業に求められているデジタルビジネスへの転換

 いまや、多くの企業がデジタルビジネスへの転換を模索している。これまで、「IT=コスト」ととらえてきた多くの日本企業が、自社ビジネスのデジタル化を目指し、こぞって“攻めのIT”への投資を模索しはじめているのだ。

 もちろん、デジタル化の重み付けは企業によって異なる。たとえば、これまで実店舗のみのビジネスを展開してきた企業にとって、デジタル化は喫緊の経営課題となるだろう。一方、伝統的な工芸品や美術品を作っている企業にとっては、デジタル化はそれほど緊急性の高い課題ではないかもしれない。しかし、こうした分野にもデジタルの波は確実に押し寄せてきている。

 ただし、デジタルビジネスのビジョンを明確にし、必要なITテクノロジーが見えたとしても、それを実現するには予算が必要だ。

 IT予算とデジタルビジネスに転換する予算を別に考えている一部の先進的な企業なら、その転換は早いだろう。しかし、多くの企業は、IT予算を「売上の○%」と決めていたり、決められた予算の中でのやりくりが求められる。こうした大多数の企業は、デジタルビジネスへの転換をどう進めていけばよいのだろうか。

ERPの近代化とデジタルビジネスへの転換のどちらを優先すべきか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!