開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社(VSR)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/08/29

クラウド&モバイル時代のワークスタイル基盤、クラウドかハイブリッドか

メールや掲示板など、コラボレーションツールとしてNotes/Dominoを長年にわたり愛用している企業も多いだろう。こうした既存の資産を活かしながら、クラウドやモバイル、ソーシャルなどの新しい技術に対応し、さらにワークスタイルの変革を進めていくにはどうすればよいのか。また、それを支えるITはどのような形で構築すればよいのか。日本アイ・ビー・エムの鴨志田喜弘氏と臼井修氏が語った。

Notes/Dominoで[クラウド]×[モバイル]×[ソーシャル]の活用を

photo
日本アイ・ビー・エム
ソーシャル事業部
鴨志田 喜弘 氏
 企業が抱える目標や課題は多種多様だ。営業力・販売力の強化から、働き方の改革、新製品開発・技術力の強化、グループ・シナジーの促進、自社ブランドや人材確保・育成、コンプライアンス順守まであり、これをITによって解決しようとする企業も多いだろう。

 このような各種ビジネスの課題を支えるITの世界ではクラウドが注目を集めている。さらにオンプレミスとクラウドを併用するような「ハイブリッド構成」も現実解として定着しつつあるが、日本IBMの鴨志田氏は「ハイブリッド構成であるべきかどうかは、本来の目標や課題を整理して十分に検討する必要があるでしょう」と指摘する。

 現在、Notes/Dominoユーザーの利用法を大まかに分類すると、ベーシックなグループウェアとして利用する場合、メールなどの基本機能に加えて業務アプリケーション(ワークフロー、顧客管理、SFAなど)も使う場合、基本機能を使わずに業務アプリのみで活用する場合、に分けられる。

 そのような状況で、いま企業の多くの課題を解決するテーマの1つとして挙げられているのが、Notes/Domino+[クラウド]×[モバイル]×[ソーシャル]の活用だ。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!