開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社モビライト提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/04/24

その働き方改革では効果が出ない! 「業務のモバイル化」を実現するポイントとは

業務効率を高め、多様な働き方に対応する働き方改革のために「モバイルの業務活用」を検討する企業は多い。しかし、モバイルの業務活用というと、「モバイル端末ありき」で、端末だけ支給されてメールやスケジュールの閲覧くらいしか活用できていない企業も多いのではないか。そこで、本当に「モバイル化が効く」領域はどこか、「業務プロセス改革」起点で、働き方改革を実現するモバイル活用のポイントを紹介する。

photo
出先からでも仕事ができるようにする「業務のモバイル化」のポイントとは何か
(©showcake - Fotolia)

モバイルの業務活用を阻む3つの壁

 「働き方改革」がクローズアップされる中で、生産性向上のためにモバイル活用を検討する企業は多い。たとえば、これまで紙を中心に行われてきた業務をペーパーレス化し、プロセスのスピードを高めていくことや、事務所にあるデスクトップPCを中心に行われてきた業務をモバイル化し、いつでも、どこでも行えるようにすることなどだ。

 そうした業務のスピード化、効率化に欠かせないのがスマホやタブレットといったモバイル端末だ。しかし、モバイルの業務活用と一口にいっても、業務プロセスを「モバイルシフト」するところまで進んでいないのが現状ではないだろうか。

 そうした課題の背景には3つの壁がある。1つは、人材の壁だ。

 専任のIT担当者がいる大手企業であればよいが、中堅、中小企業の多くは、IT担当者は総務などの兼任という会社も多い。

 たとえば、「モバイルを活用した働き方改革」というミッションがトップダウンでおりてきても、具体的に何を、どのように進めればよいかわからないという悩みを抱えている。

この記事の続き >>
・さまざまなデバイスや独自の仕様に対応できるか
・アナログ中心で非効率な業務を「モバイル化」する
・「モバイル化」のニーズはさらに高まっていく

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!