株式会社セールスフォース・ドットコム、ジェネシス・ジャパン株式会社提供コンテンツ

2018年04月04日
 【特集】進化するカスタマーサポート戦略2018

特集記事・ホワイトペーパー

  • 青学 小野教授が語る顧客体験のあり方、デジタル化で価値を上げる「人」の役割

    青学 小野教授が語る顧客体験のあり方、デジタル化で価値を上げる「人」の役割

    デジタル化の浸透で顧客接点が複雑化し、組織として統合された顧客体験を提供することが重要視されている。しかし、その実現のためには「ビジネスプロセスの設計が課題だ」と語るのは青山学院大学 経営学部で教授を務める小野譲司氏だ。サービスマーケティング研究の第一人者である同氏に、「サービス化」が進む企業活動の中で、いかにブランドの「価値づくり」を進めるべきか、データやテクノロジーの「使いどころ」について聞いた。

  • 高品質な顧客体験を妨げる「3つの壁」の壊し方、変化に対応するためのCS戦略

    高品質な顧客体験を妨げる「3つの壁」の壊し方、変化に対応するためのCS戦略

    モバイルやソーシャルを駆使し、リアルとネットを自在に行き来しながら購買を進める。そんな購買活動の「デジタル化」の前に、従来のような商品そのものでの差別化は難しい。企業は、サービスでの差別化で、質の高い顧客体験を提供し、顧客のブランドからの離反を防ぐ必要がある。その一翼を担うのがコンタクトセンターだが、旧来のコストセンターとしての考え方に縛られ改革がうまく進まないとの声も聞く。本稿ではコンタクトセンター改革を効果的に進めるためのポイントを紹介したい。

  • カスタマー部門から始まる最良の「カスタマーエクスペリエンス」を可能にする方法

    カスタマー部門から始まる最良の「カスタマーエクスペリエンス」を可能にする方法

    インターネットとスマートデバイスの普及は、企業と顧客の関係を劇的に変えた。すでに、顧客の方が多くの情報を持つ「顧客の時代」が到来している。顧客の時代では、カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の質をいかに高めるかがビジネスの成否を握る。本資料は、Salesforceを活用し、それを実現した企業の成功事例集だ。顧客の声を聞く仕組みを確立してサービス改善に役立てたヤマトフィナンシャル、コンタクトセンターの業務を効率化した三井住友カードなど、5社の成功事例は「顧客の時代」を生き抜くすべての企業に参考になるだろう。

  • カスタマーエンゲージメント向上のためのオムニチャネル施策とは

    カスタマーエンゲージメント向上のためのオムニチャネル施策とは

    インターネットやモバイルなどのデジタル技術によって、顧客の購買行動は大きく変わってきている。「あらゆる顧客接点において、ニーズや好みに合わせてパーソナライズされた体験を望む顧客は55%にのぼる」との調査結果もある。この資料ではオムニチャネルに必須である、「顧客体験を最適化」するために必要なポイントを解説する。コンタクトセンターを中心にオムニチャネル化を進めるための「カスタマーエンゲージメント実践ガイド」である。顧客体験を高めたいと考える経営層にとって必見の内容だ。

  • 顧客体験を最適化するクラウドプラットフォームの選択

    顧客体験を最適化するクラウドプラットフォームの選択

    あらゆる顧客接点で統合され、パーソナライズされた顧客体験を提供することが求められている。しかし、分断され、サイロ化したシステムを統合するのは容易ではない。そこで注目されるのが、クラウドを活用し、スピーディに展開でき、今の仕事に影響を与えることなく最新の機能を追加できるオール・イン・ワンのクラウド基盤だ。この基盤に必要な要素とは何か。 本書は、オムニチャネル化を進め、顧客体験を向上させるプラットフォームの選び方として10のポイントが示されている。実例として、コンタクトセンターのソーシャルメディアのレスポンスタイムを最大で50%改善した小売業の事例などが紹介されており、小売業を中心に、顧客体験最適化に課題を持つ経営者にとって有用な情報となっている。