開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社、株式会社アシスト提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/09/04

なぜ日本は「ソフトウェアが弱い」のか? アジャイルやDevOpsが“失敗”する理由

マイクロフォーカス Margaliot氏に聞く

今や、あらゆる業種・業態において、ソフトウェア/サービス企業であることが求められる時代だ。しかし特に日本では、この分野で遅れをとってしまっている例が多い。アジャイル開発やDevOpsという言葉は先行しつつも、なかなか実態が追いつかない状況は、どう打破していけばよいのだろうか。海の外から日本の現状と課題はどう見えているのか、マイクロフォーカスのSenior Vice President 兼 General Managerの Raffi Margaliot氏に聞いた。

photo
マイクロフォーカス
Senior Vice President 兼 General Manager
Raffi Margaliot氏

ソフトウェア/サービス開発のスピードが求められる時代に

 現在、ビジネスの領域ではデジタルトランスフォーメーションが叫ばれている。ITは業務をこなすシステムではなく、ビジネスそのものを動かすインフラとなっている。銀行、流通、医療、製造業などあらゆる産業において、企業はソフトウェア/サービスカンパニーであることが求められている。

 この影響はさまざまなだが、多くの企業にシステムを内製化する動きが見られる。それに連動してIT企業以外もITエンジニアを必要とするため、エンジニア不足も起きている。ソフトウェア開発にかける時間、デプロイまでの期間はどんどん短くなっている。オンライン取引、ECサイト、コネクテッドカーといった領域では、新しいサービスやソフトウェアのリリースに時間をかけていると、ビジネスチャンスの喪失に直結するからだ。

 結果として、ウォーターフォール開発からアジャイルやDevOpsへのシフトが加速する。さらに、アジャイル開発においてもテストやデプロイの自動化も重要なトレンドとなっている。

ツールを導入するだけでは失敗する

 しかし、マイクロフォーカスでDevOpsグループのプロダクトリーダーを務めるRaffi Margaliot氏は「アジャイル開発やDevOpsを成功させるには、ツールを導入するだけではだめです」と断言する。

 マイクロフォーカスは、COBOL/メインフレーム系事業をベースに40年以上の歴史を持つ老舗ソフトウェアカンパニーだ。同社のDNAは「顧客のビジネスを長期間にわたってサポートすること」にあるという。ソフトウェアカンパニーではあるが、こだわるのはあくまでエンタープライズビジネスの支援だ。だからこそ、「ツールの導入だけではだめ」という言葉が出てくる。Margaliot氏は成功のポイントについて以下のように続けた。

「成功のためには、組織構造を変える必要があります。サイロ化された設計、開発、テスト、運用というユニットをアプリケーションごとの小さいユニットに構成しなおします。各ユニットは、開発やテストはもちろんのこと、品質管理や適切なツールの開発、管理、リリースマネージャも別々に求められます。すべての側面で自動化が重要になります。定義書によるマニュアルテストや手作業による本番環境へのデプロイから、障害時のロールバックまで、ツールやスクリプトでこれらを自動化できる人材が各フェーズで必要になるでしょう」(Margaliot氏)

 ただし、だからといって中央管理のチームが不要というわけではない。Margaliot氏は、品質管理と標準化のための、全体を比較、評価するしくみやチームは必要だという。各ユニットは独立して品質管理や開発を行う。利用するツール類も自由だ。しかし、ユニットごとのパフォーマンス、品質などをトラッキングし、どのツールが有効か、どのユニットがパフォーマンスを出しているか、を分析する必要があるからだ。

 しかし、アジャイルやDevOps、組織改編というと、縦割り組織が当たり前だった日本企業は苦手という意識がある。この点を、どうやって解決していけばよいだろうか?

この記事の続き >>
・ウォーターフォールからの脱却は日本企業特有の課題か?
・欧州大手自動車企業や米国多国籍エネルギー企業などが導入、コスト50%ダウン&品質数百%向上した例も
・HPEとの合併で何が変わった?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!