開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/02/18

レガシーシステムでAIやブロックチェーン!?予想外な「あの製品」が秘めた可能性

テクノロジーを活用し、膨大な「データ」から新たな価値、ビジネスモデルを創出するデジタル・トランスフォーメーション(DX)に取り組む企業が増えている。そうした企業にとっていわゆる「レガシーシステム」は、新たな領域のシステムとの連携の必要性から刷新の対象となるケースがある。「Notes/Domino」もしばしば刷新の対象に挙がる“レガシーシステム”の一つだ。しかしそのNotes/Dominoこそが、ビジネスチャットやAIとの連携、あるいはIoTやブロックチェーン活用への試金石となりうることはあまり知られていない……。

photo
Notes/Dominoが最新技術への挑戦の足がけになるかもしれない?
(©metamorworks - Fotolia)

やはり「DX推進にはNotes/Dominoを刷新すべき」なのか

 テクノロジーを活用し、企業活動を通じて蓄積された「データ」を活用して、ビジネスモデルを変革するDXに取り組む企業にとって、AIやIoT、ブロックチェーンなどの新技術への挑戦は大きなテーマだ。しかしそこで検討しなければならない存在が、それらの新技術登場のはるか以前から利用しているレガシーシステムだ。

 たとえば、長らく企業で使われてきたグループウェア製品「IBM Notes/Domino」(Notes/Domino)もその一つに数えられるだろう。

 1989年の発売されたNotesと、業務アプリケーション開発基盤としてのDominoは、アプリケーションの開発から展開に必要な機能がオールインワンで統合されている。パッケージソフトではできない細かい処理が可能なワークフローエンジンを擁し、ワークフロー構築に強みがあり、メールやスケジューラーだけでなく、企業内の幅広い業務アプリケーション基盤として活用されてきた。

 だが初期のNotesは専用クライアントから利用する必要があったため、いわゆる「Web化」「クラウド化」の流れの中で次第にレガシー化が進み、Webブラウザをベースとしたコミュニケーション、コラボレーションツールに置き換えを検討するケースが増えてきた。

 しかしNotesは、実はまだDXの可能性を十分に秘めていて、なんとIoTやチャットボットへの連携、さらにはブロックチェーンにも応用可能だという。どういうことなのか。ここからは、“レガシーシステム”から始まるDXの真相を明らかにしていこう。
この記事の続き >>
・ビジネスチャット(Slack)とAIを応用してあんなこともできる!?
・ブロックチェーンやIoTの適用事例とは?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!