開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社KOMPEITO 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/04/01

「病気でも出勤する社員」による損失を防ぐにはどうすればいいのか?

経済産業省が「健康経営銘柄」や「健康経営優良法人」といった制度を設けたことで、「健康経営」という言葉を耳にする機会が増えた。ある調査によれば、健康経営を実践することで、社員の生産性が高まり、業績を押し上げる効果があるだけでなく、企業価値の向上やブランディングにもつながるという。その一方で、この健康経営に本気で取り組んで、成果につなげるためには、注意しなければならないポイントもある。

photo
業務の効率化のためには「社員の健康」が大前提だ

健康経営に「継続して」取り組めない企業

 健康経営というと一見、売上やコスト削減に直接つながりにくいという印象を受けるかもしれない。しかし、社員が体調の優れないときに出勤しても、無論、高いパフォーマンスは発揮できないことはお分かりいただけるだろう。これは米国で「プレゼンティーイズム」(Presenteeism:病気でも出勤すること)と呼ばれている。ある米国金融系企業の調査によると、体調が悪くても出社してくる社員を放置したことによる損失額は、実は企業が負担する直接的な医療費・薬剤費よりもはるかに大きいことがわかっている。

画像
社員のコンディションを整えられないと、生産性が落ち、プレゼンティーイズム・コストが跳ね上がってしまう。

 となれば、社員の健康管理は企業として取り組むべきこと、となるわけだが、企業としてなかなか成果を出しづらいのも事実だ。すでに企業は従業員に対する人間ドックの実施が義務付けられており、たとえばメタボ社員は毎年のように何らかの警告を受けているはずだが、その社員の生活や行動を変えるのは簡単なことではない。

 大切なことは継続的に社員へ働きかけて、その取り組みを改善し続けることだろう。では、継続的に取り組むためにはどのような「仕掛け」が考えられるのだろうか。

この記事の続き >>
・高い利用率を維持させる仕掛けとは
・「コールドチェーン」にこだわるべき理由
・具体的なコストは? 目標達成のためにすべきこと

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!