開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

arcserve Japan合同会社、SB C&S株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/08/09

企業に足りない「適切なデータ保護」、“複雑化”や“分散化”に正しく対処するには

ビジネスのデジタル化には、それを支えるITインフラが欠かせない。特に拡張性が高く、運用の手間もかからないパブリッククラウドやHCIは、企業規模に関わらず広く普及して活用されている。しかし、その結果、システムは複雑化し、異なる環境にデータが分散する事態も起きている。そこで問題となるのが「バックアップと業務継続」だ。複雑化するシステムとサイロ化するデータを前に、企業はバックアップ戦略の立て直しを迫られている。適切に業務を継続するためのデータ保護には何が必要なのだろうか。

photo
データを取り巻く環境が変わった
(Photo/Getty Images)

複雑化するシステム、データのサイロ化とバックアップが問題に

 ビジネスのデジタル化は、いまや企業規模に関わらず重要な取り組みだ。デジタル化を担う「データ」を扱う環境も整いつつある。ネットワークの進化とモバイルデバイスの普及により、企業が扱うデータの価値や種類、そしてその量が飛躍的に増大したのだ。

 データを扱う上で最も大きい武器はクラウドだ。「Amazon Web Services(AWS)」や「Microsoft Azure」などのパブリッククラウドを活用すれば、従来は大手企業しか利用できなかった高度なデータ処理や分析機能も活用できる。クラウドを使えば、大量のデータを低コストで保存することも可能だ。以前は捨てていたデータも「取りあえず保存しておく」企業は少なくない。この傾向は今後さらに加速するだろう。

 また、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の普及も大きい。ストレージ、ストレージネットワーク、サーバの3層構成のシステムを仮想化技術によって1つにまとめたHCIは、IT管理者の運用負荷を劇的に下げるとともに、システムの拡張性を高めた。現在、HCIは中堅中小企業にも広く活用されている。

 ただし、こうした変化の中で、見過ごされがちな問題がある。それが「バックアップ」だ。企業が扱うデータの量は増大している。同時にデータの保存場所は、クラウドやHCI、従来のレガシーなインフラへと分散化し、サイロ化しているのが現状だ。

 にもかかわらず、多くの企業は、かつての物理サーバが主役であった時代のバックアップ環境から脱却できていない。もしくは、クラウドにデータ保存することをバックアップと思い込んでいたり、「HCIではバックアップは必要ない」と思い込んでいたりするケースも見受けられる。

 パックアップは「BCP(事業継続計画)」「DR(災害復旧対策)」の基本。そこがおろそかになれば、いくらクラウドやHCIを活用しても、万が一のとき、事業を存続することはできない。こうした状況は、企業規模に関わらず極めて危険だ。なぜ対応は難しいのか。そしてバックアップ基盤を再構築し、「適切な業務継続」を実現するには何が必要なのだろうか。

この記事の続き >>
・適切な業務継続には何が必要か
・適切に業務を継続する上で本当に「使える機能」とは
・1時間が3分に
・仮想化基盤の移行に備える方法

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!