開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ジュニパーネットワークス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/11/06

なぜマルチクラウドは“難しい”のか? 「シンプル運用」を阻む4つの課題を解決せよ

デジタルトランスフォーメーション(DX)の源泉、そしてデータを大量かつ高速に扱うための基盤として、ITインフラ環境(エンタープライズデータセンター)の重要性が増している。多くの企業ではオンプレミスや複数のクラウドを採用しながら、自社に最適なITインフラ環境を模索しているものの、実際にはたくさんの課題を抱えており、その真価を発揮できているとは言えない。本稿では、インフラ環境の変化に伴うエンタープライズの4つの課題を整理し、次世代データセンター構築に必要なことをまとめた。

photo
どのように「マルチクラウド環境」を構築すれば、その真価を発揮できるのだろうか?
(Photo/Getty Images)

企業インフラをとりまく環境の変化と、マルチクラウドへの期待

 現在、エンタープライズのITインフラ環境は、多様化の一途をたどっている。仮想マシンやコンテナ、ベアメタルサーバはもちろん、プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドなどである。これらの傾向として、ITインフラが「クラウド中心(クラウドセントリック)」にシフトしつつあることは間違いない。

 エンタープライズのIT部門は、ネットワークを含めてITインフラを再考するフェーズにあり、従来の既存サービスを「どのようなクラウドに移行すべきか」選択を迫られている。そしてコスト面や運用面を考慮した結果、さまざまなクラウドサービスを同時に活用し、“いいとこ取り”する「マルチクラウド」を選択する企業が増えている。

 たとえばエンタープライズのITインフラで、オンプレミスのサービスにベアメタルを利用し、オフィス系アプリ(Office 365やGsuite)はSaaS、業務系アプリにはプライベートクラウド、サービス開発基盤をパブリッククラウドというように、マルチクラウド的な使い方をしているケースだ。

画像
エンタープライズのITインフラの現状。仮想マシン、ベアメタルサーバ、プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドというように多様化しているが、クラウドへとシフトしている

 実際に、ある調査では将来的にマルチクラウドを採用したいと考える企業は全体の85%にも上るという。しかし現状では、このようなマルチクラウド的な運用は環境が複雑化し、ブラックボックス化が進む可能性がある。また、それぞれのシステム間の「サイロ化」が生じてしまうリスクもある。

 「サイロ化のリスク」が存在する一方、IT技術者も不足する昨今、複雑なマルチクラウド環境を効率よく運用できるか自信がない、というのが企業の本音だろう。

 各クラウドプロバイダーが提供する機能のいいとこ取りができ、運用も一元化できるような「次世代データセンター(マルチクラウドデータセンター)」の実現には、さまざまな課題が山積している。改めて課題を4つに整理し、その上で解決策を探る。 

この記事の続き >>
・インフラ環境の変化に伴うエンタープライズの4つの課題
・次世代の「マルチクラウドデータセンター」構築の条件
・「一元管理」がセキュリティを変える

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!