開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社サムライズ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/01/17

【事例】ユーザーが求める機能とパフォーマンスを実現、迅速な改修が可能な手法とは

フォービスは、化粧品や健康商品などのリピート商品の通販基幹システムやECサイトを主軸にシステムを開発している企業だ。古くは老舗の総合通販会社などと取引もあり、時代の流れとともにリピート通販を提供するシステムやECサイトの開発へと範囲を広げていった。時代や顧客行動が大きく変化しシステムのパフォーマンスに求められる要件も高くなる中で、どのようにシステムの最適化を図っているのか。同社のキーマン3名に話を聞いた。

通販やECサイトのシステム開発におけるパフォーマンス改善が課題に

photo
フォービス
取締役
ソリューション部管掌
松下康雄 氏
 フォービスの特徴であり強みは、基幹系とECサイト、コールセンターを1つのシステムとしてクラウド上で開発して提供していることだ。それぞれのシステムをベンダーが個別に開発するケースが多いのだが、同社はAmazon Web Services(AWS)上で一手に展開しており、それゆえに顧客ニーズにあった柔軟な対応が可能だ。

 フォービスでソリューション部をまとめる松下 康雄氏は、「特定の人に商品をリピートで売る企業は、注文後でも注文変更や注文キャンセル、返品を受け、マイページからコールセンターにダイレクトに連携するなど、システムにも特徴があります。その改修には迅速な対応が求められていました」と語る。

photo
フォービス 
ソリューション部 
プロジェクトリーダー
飯野 亮太氏
 クラウドが一般的になり、かつさまざまなメディアに常に接触している現代のエンドユーザーにとって、システムのレスポンスが遅いことはそれだけで命取りだ。特に何度も利用するマイページ機能だからこそ、パフォーマンスが悪ければ即ユーザー離れにつながり得る。

 実際、「ECサイトの会員数が増える中で、マイページ操作のパフォーマンスを見直してほしいと、通販事業者さまからご依頼がありました」同社の開発チームを束ねる飯野 亮太氏は振り返る。

「ですが、ボトルネックを特定するための調査には多くの工数がかかります。力量のあるITエンジニアを、本来注力すべき改修フェーズの前段階で拘束することになりますし、改修スケジュールもその分遅れます」(飯野氏)

 だが先述したとおり、現代のユーザーは“短気”である。ユーザー満足度が損なわれるような体験が一定期間、あるいはひんぱんに続くようなら、サービスから離れていくだろう。ハイパフォーマンス、かつ迅速な改修が可能なシステム。それを継続できる仕組みがフォービスには必要になっていた。

この記事の続き >>
・パフォーマンス低下の原因をピンポイントで素早く特定
・1人月分の調査時間を削減、 現場で誰もが使う必要不可欠なツールとは?
・システムのパフォーマンスとビジネスの監視へ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!