開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/03/02

【事例集】解決できなければ意味がない?「機械学習」4つの導入障壁の乗り越え方

AI(人工知能)の活用で、自社の変革に取り組む企業が増えている。米ガートナーによれば、2022年にはAI由来のビジネス価値は3.9兆ドルに到達するという。その中でも特に「機械学習」のビジネスへの適用は進められており、先進企業ではこれを活用して顧客への新しい体験や価値を提供することも増えてきた。本記事では、機械学習の最新動向と自社に適用する際のノウハウについて紹介する。

photo
何から手をつけて良いか分からない……。そんなあなたに贈る「機械学習の手引き書」
(Photo/Getty Images)

ビジネス変革の新潮流「機械学習」の始め方

 AI(人工知能)の実用化が進む中、AIシステムの要である「機械学習」機能の導入は、企業規模を問わず、ビジネス変革の新しい潮流として広く認識されつつあるのが現状だ。

 機械学習は、業務の効率性やコスト削減などの基本的な導入メリットが得られるだけではなく、利益を実現する機会となる製品の革新や新たな価値の発見などにも貢献できる。単なるビジネスデータを、正確な予測と実用的な情報に変えるツールともいえる。導入メリットは大きい一方、他の多くの新しい技術と同様に、データの準備、複雑さ、コスト、スキル不足など、運用上での課題が存在する。

 導入メリットと課題が混在する中、企業は機械学習をどう始めたら良いのだろうか? 以降では、機械学習がもたらす8つのメリットと4つの課題を解説するとともに、GEヘルスケアやLyft(リフト)、Formula 1など機械学習導入に成功している組織の事例を紹介する。
photo

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!